フィンランドとアビシニアンとチョコレート

シリコン大好き太郎

うちの長男ねこ、みやびはシリコン大好き太郎です。

なぜシリコン大好き太郎かというと、シリコン製品を見ると無性に食べたくなるらしく、むしって食べてしまいます。

意味わかんないんですけど。

なので、うちではシリコン製品厳禁で一切ありません。

 

そして実は昔、みやびはシリコンで大変なことになったことがあるのです。

シリコンのどこがそんなに美味しいの?

シリコン製品を見るとかじって食べてしまうねこ、みやび。

どこがおいしいのか意味不明です。

なので、彼は陰でシリコン大好き太郎と呼ばれているのですが、一度シリコンで死にかけてます。

 

思い起こせば数年前、外出先から帰ると、みやびの様子が変。

なんか、あちこちで吐きまくってる。

 

で、吐いた後を見ると、なんかオレンジ色との物体が。

何か思ったのですが、台所に行くとオレンジの物体の大元が落ちていてわかりました。

 

これです。

オレンジ色のシリコン製鍋敷きです

直径20センチくらいある鍋敷きが、なんと半分くらい無くなっている!

 

で、気持ち悪くなって吐きまくって現在に至る感じです。

結構な量がなくなっているのですが・・・。

 

そして、若干調子が悪そうなみやびの姿が。

バカじゃないの?

 

で、2~3日かけて一通り吐きつくし、体調が戻ったのかなと思ったのですが、なんか体調がすぐれなさそう。

当時の写真がこちら。

 

 

ガリガリじゃないですか。

 

病院に行っても原因不明。

「ご飯を食べるけど吐くことが多い」という感じが1年ほど続きました。

みやびの体調が急変!!

そしてある日、みやびが何も食べなくなりました。

あの、「ごはんの数時間前からずっと待ち続ける」くらい食にどん欲なみやびがご飯を食べない!

これはやばいということですぐに病院に連れて行き、レントゲンを撮ってもらいます。

先生曰く、何も映ってないけど、何か腸に詰まっているのではとのこと。

 

開腹手術しないとわからないけど、触診でも何かあるっぽいのでということで、手術決定。

1週間の入院となりました。

 

そして、手術の結果を先生に聞くと、これが腸から出てきましたといって渡されたのが、オレンジ色のシリコンのかけら。

大きさは1センチ×1センチくらいある。

 

えええええ?

1年近くも腸の中にあったの?

 

良くもこんなものが詰まってもご飯食べることができたのね。

 

というわけで、みやびは先生のおかげで一命をとりとめたのです。

 

ちなみに、退院の時のお会計で、「15万円になります」といわれて焦ったのはここだけの話。

 

ねこ記はこちら

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。