フィンランドとアビシニアンとチョコレート

2020年初夏の沖縄の旅その弐 古宇利島・美ら海水族館・万座毛など定番観光スポット巡り!

2020年6月の沖縄旅行。

1日目は、宿泊予定だった「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」で色々トラブルがあって宿泊をキャンセル。

 

名護市内に急遽泊ることになったのですが、ホテルの店員さんがとても親切で、素敵な沖縄料理のお店を紹介してもらえました。

グリーンリッチホテル沖縄名護」、機会があったらまた泊ります!

 

というわけで、2020年6月沖縄旅行の2日目です。

ハート岩で有名に!沖縄北部離島・パワースポット「古宇利島」

当初の予定では、 美ら海水族館→古宇利島とめぐる予定でした。

ですが、朝イチの天気予報では「午後から天気が下り坂」とのこと。

なので、予定を変更して午前中に古宇利島へ向かいます。

 

 

古宇利大橋南詰展望所からの眺めです。

雲が多めですが、海はとってもきれいです。

この駐車場で営業しているキッチンカーのマンゴージュースがおいしいようですが、残念ながら今日は出会えませんでした。

 

 

こんな南国っぽい実のついた木もたくさん生えています。

ここから橋を渡って古宇利島へ向かいます。

 

 

古宇利島のハート岩は嵐のCMで話題となり、最近ではどのガイドブックにも取り上げられている人気スポットです。

海の家のような駐車場に車を停めて歩いて向かいます。

 

 

ティーヌ浜というビーチに、有名なハート岩があります。

 

 

駐車場から徒歩5分ほど、背丈くらいの草が生い茂る道を歩いていきます。

足元が悪いので、ヒールの靴などは厳しいかもしれません。

雨の日なども滑りやすいので注意が必要です。

 

 

念願のハート岩に到着です!

海もキレイで、透き通っています。

 

 

ハート岩は岩自体もハートの形をしていますが、二つの岩が重なったときに逆さハートに見えることも人気のポイントです。

いつもは砂浜が観光客でいっぱいのようですが、今日はほぼ貸切でラッキーです。

日差しを遮るものが何もないのでかなり暑いですが、のんびりと過ごしました。

 

 

帰り道に大きなやどかりに出会いました。

子どもの握りこぶしくらいの大きさがあります、でか!

 

 

古宇利島オーシャンタワー

 

古宇利大橋を一望できる展望台と、たくさんの貝を展示したシェルミュージアムがある観光施設です。

入場料が850円とお高めなので入る予定ではありませんでしたが、ふらっと寄ってみました。

すると、残念ながら休業中でした。

 

 

駐車場から絶景を楽しみました!

超絶景ヤンバル一望、お買い物・お食事が出来る「橋の駅・リカリカワルミ」

「リカリカ」(りっかりっか)は、沖縄の方言で「行こう!行こう!」という意味のようです。

今帰仁へ向かう途中のワルミ大橋のたもとにあります。

 

 

おっぱ牛乳をつかったソフトクリームを食べようと思っていたのですが、ソフトクリームの売店が休業中で食べられませんでした。

 

 

売店では、今帰仁村内の新鮮な野菜やおみやげ物を買うことができます。

カットフルーツを買って、屋上の展望デッキでのんびり過ごすのもおススメです。

 

 

屋上へ上がる階段に、くつろぎすぎる猫ちゃん。

全く逃げません(笑)

口から舌を出したまま爆睡です。

 

 

屋上からの眺めです。

遠くに見えるのが、先ほど通ってきた古宇利大橋です。

 

 

道の駅併設のレストランで少し休憩をします。

 

 

じゅーしー付きのソーキそばセットを注文しました。

 

 

外の見える席もあり、ゆっくりランチができました。

肝心のソーキそばは、写真を撮るのを忘れてしまいました。

ジンベエザメや、ナンヨウマンタが観察できる大迫力の巨大水槽が大人気「美ら海水族館」

午後から天気が悪くなる予報でしたが、どんどん快晴になってきました。

天気予報、当てにならない。

 

美ら海水族館は、海洋博公園の中にある施設の1つです。

イルカやウミガメは公園内の水槽にいるので、入場料を払わなくても見ることができます。

 

一方、ジンベイザメのいる水槽を見るには、水族館へ入場する必要があるので、入場料が必要です。

コンビニでチケットを買うと少し安いとのことで、近くのコンビニでチケットをゲット。

コロナの影響で、ヒトデなどを触れるスポットやえさやり体験、イルカショーなどはお休みでした。

 

 

まずは公園内のウミガメ館。

 

 

外からも館内からも見ることができます。

 

 

イルカショーの会場となるオキちゃん劇場

 

 

ショーはお休みですが、休憩所として開放してくれているので、ジャンプの練習や健康チェックをしている様子をみることができます。

 

 

オキちゃん劇場近くにあるオキちゃんパーラーで、美ら島ゴールドパインプレミアムソフトを食べました。

 

 

日差しが強く暑すぎるので、遊覧車に乗ってみました。

公式サイトでみるとかわいいラッピング車でしたが、実際に来たのは普通のマイクロバス。

運転手のおじさんがところどころ説明してくれるので、公園内を涼しく回ることができました。

 

 

バスで一通り巡った後、オキちゃん劇場前で降車、美ら海水族館へ向かいます。

 

 

伊江島がしっかりと見えるくらいの快晴になってきました!

朝の天気予報ハズレすぎです。

 

 

水族館内の音声案内はスマホから聞くことができるので、イヤホンを持参して説明を聞きながら回りました。

 

 

美ら海水族館といえば、このジンベイザメのいる大型水槽「黒潮の海」ですよね。

 

 

「黒潮の海」を見ながら食事のできるカフェ・オーシャンブルーへいってみました。

いつもは大混雑なのですが、今日は10分くらいで水槽側の席へ通されました。

 

 

水槽の間近で休憩できるなんて贅沢ですよね。

席は使用時間が決まっているので、ずーっとのんびりはできませんが、十分楽しめます。

 

 

 

 

マンゴーミルクとシークァーサージュース

 

 

出口にあるショップでかわいいハンカチを買いました。

海が見える!名護の老舗のステーキレストラン「ステーキふりっぱー」

美ら海水族館から名護方面へ向かいます。

 

 

とってもきれいな場所があったので、すこし寄り道です。

 

 

名護で人気のあるステーキを食べに「ステーキふりっぱー」へやってきました。

 

 

14時半頃と遅いランチですが、10組ほどお客さんが待っています。

名前を書いて、メニューを見ながらのんびりと待ちます。

 

 

ふりっぱーは手作りパイも大人気のようです。

来店時は少し残っていましたが、お店を出るときにはすべて完売でした。

 

 

1時間ほど待ってやっと席に案内されました。

絨毯の床にそのまま座る座敷で、沖縄っぽいですよね。

 

 

スープはクラムチャウダーのような濃厚な感じのスープです。

ライスかトーストか選べるところも面白いポイントです。

トーストがおいしいようで、大半の人はトーストを選んでいましたが、すごくお腹が空いていたのでライスにしました。

 

 

ふりっぱー ヒレステーキ

すっごい肉厚です。

ヒレですがジューシーで食べやすく、ぺろっといけちゃいます。

 

 

ジャンボリブロースステーキ

鉄板からはみ出んばかりのサイズ感です。

ヒレより脂が多めですが、脂っこくないので食べやすいです。

 

 

自家製のステーキソースが絶品でした。

さらっとしているけど、しっかりコクがあってお肉にも付け合わせのポテトやブロッコリーにも合います。

 

食べ終わるころには店内も空いていて、待ち時間もナシになっていました。

駐車場の裏手からビーチに降りられるようですが、食べている途中にスコールがあったのでやめておきます。

 

店内から海が見える感じではなかったので、絶景を見ながら!という感じではないかな。

名護に行く際はまた寄りたいお店となりました。

とても綺麗で雄大な景色が広がる、定番の観光スポット「万座毛」

人気の観光スポットである万座毛へやってきました。

高校の修学旅行で来て、すごくきれいだった思い出があったので、ぜひ行きたかった場所です。

 

到着してみると、駐車場が工事中で、以前の面影が全くありません。

きれいな建物が建っていて、カフェや観光案内所ができるようです。

以前はひろーい駐車場にお土産を販売する屋台のようなものが並んでいたイメージだったので驚きました。

 

 

一周できるように遊歩道が整備されています。

琉球石灰岩の断崖ときれいな海の見える風景は、やっぱり絶景です。

 

 

昨日宿泊する予定だった「ハイアットリージェンシー瀬良垣」がみえます。

もう、ここに泊まることは2度とないかな~。

沖縄本島で夕日が最後に沈む場所として知られる絶景スポット「残波岬」

万座毛からさらに車を走らせて、残波岬までやってきました。

 

 

晴れた日は慶良間諸島がみえるようですが、今日は見ることができませんでした。

灯台まではごつごつとして岩場があるので、注意が必要です。

 

 

サンセットを期待していたのですが、早く到着してしまってまだまだです。

暑すぎ&近くのお店もしまっているので、サンセットを眺めるのは断念!

 

一通り散策した後は、アメリカンビレッジ近くのホテルへ向かうことにしました。

北谷町の高台に2018年にオープンしたコンドミニアムホテル「ザ・サンセットビレッジ沖縄北谷」

本日の宿泊先は、コンドミニアムのホテル「ザ・サンセットビレッジ沖縄北谷」です。

2018年にオープンしたばかりの新しいホテルで、かなり快適に過ごすことができました!

 

「次に沖縄に来た時もぜひ利用したい」と思えるくらい快適でおすすめです!

「ザ・サンセットビレッジ沖縄北谷」については、別途詳しくまとめてあります。

2018年OPEN!コンドミニアムホテル「ザ・サンセットビレッジ沖縄北谷」

 

3日目の様子はこちら。

非公開: 2020年初夏の沖縄旅行その参 穴場の絶景スポット、果報バンタやアメリカンビレッジを周って、国際通りで沖縄料理を満喫! 旅行記

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。