フィンランドとアビシニアンとチョコレート

初海外!一人旅。INフィンランド(8)ヘルシンキ

2017年11月13日~22日の7泊9日という人生初海外の旅。

7日目は、ヘルシンキの街並みを楽しみました。

 

8日目の今日は、夕方の便で帰国するため最後のヘルシンキを満喫します。

 

ヘルシンキの老舗ベーカリー&カフェ「EROMANGA」で朝食

昨夜の雪でうっすら雪化粧をした街をぶらぶら散策します。

ヘルシンキにはたくさんカフェがあり、行きたいお店もまだまだたくさんあります。

帰国を前にホテルの朝食ではなく、カフェのモーニングへ行きました。

 

 

スプラナーディ公園よりオールドマーケット方面へ徒歩数分の所にある「EROMANGA」です。

日本人なら名前に驚きますよね!

太平洋に浮かぶ小さな島のエロマンガ島が店名の由来だそうです。

平日のみの営業ですが6時半~15時半と営業時間が短いのです!

早朝よりオープンしているので、モーニングにおススメです。

 

 

地元の方にも大人気で、早朝にも関わらずモーニングを楽しむ人でにぎわっていました。

 

 

人気のピロシキです。

具だくさんでボリューム満点!

コルヴァプーステーもムンッキもありいろいろ食べたかったのですが、ピロシキだけで大満足。

紅茶はセルフ方式で、自分でお湯を注ぎ、好きなティーパックを使用できるようでした。

 

 

再び街をぶらぶらします。

Moomin Cafe Helsinkiの前を通ります。

スプラナーディ公園沿いのIittala Storeから大聖堂方面に路地を入ったところにできたみたいです。

気になりましたが、ピロシキで満腹状態なので外観だけ(笑)

 

 

Stockmannのクリスマスショーウインドゥは大人気でした。

とても可愛らしく手が込んでいて、ずっと見ていられます。

 

昨日もたくさんのお土産を買いましたが、まだスーツケースの余裕があるのでStockmannとスーパーマーケットで買い物をします。

ホテルは12時チェックアウトなので、買い物後に部屋で荷物整理もできてとても便利でした。

 

 

ホテルで荷造りを終え、チェックアウトギリギリまで部屋のテラスから景色を堪能します。

初めての海外旅行で不安いっぱいで飛行機を降りた時からの事を思いだしていました。

ヘルシンキ中央駅からバスで空港へ

空港まではヘルシンキ中央駅の横からフィンエアーシティバスで向かいます。

1時間に3本ほどバスがあるので、とても便利です。

日本への便が出発する時間はほかのアジア方面への飛行機も多く、爆買いの観光客の大勢いるので免税手続きが大混雑と調べていたので早めに向かいます。

バス乗車時に料金を支払い(カード可)、ターミナル2で下車します。

 

 

今回は帰りもフィンエアーを利用します。

フィンエアーのオンラインチェックインは出発の36時間前にネットででき、座席指定も無料でできます。

オンラインチェックインをしておけば、ターミナルの自動チェックイン機で荷物タグを印刷し、自動荷物預け機で並ぶことなく手続きができます。

今回は免税手続きをした商品を預け荷物へ入れたかったので、チェックイン機でタグを出した後で免税手続きをしました。

早く空港へ来たので免税手続きも出国審査もそこまで混雑はしていませんでしたが、時間ギリギリになるとアジア系の団体がたくさんいたので、早めに手続きをしたほうがいいと思います。

 

 

保安検査場、免税店から出国手続きカウンターまでが結構距離があります。

さらに日本便の搭乗口はかなり遠く、バスで機体までいくことが多いので注意が必要です。

 

 

バスで飛行機まで向かいます。

時間にはかなり余裕をもっていたほうが安心です。

空港は暑いのですが、バスへの乗り降りは外なので寒いです。

機内持ち込みにダウンは邪魔ですが、寒がりなので来ておいてよかったです。

 

 

オンタイムで出発です。

すぐに夕食が配られます。

帰りはお蕎麦がついていてうれしくなりました!

 

 

帰りのアイスはフィンランドのアイスクリームでした。

 

 

到着前の朝食です。

カレリアパイかついていました。

最後のフィンランドの味だなぁと味を噛み締めました。

 

定刻通りに成田空港へ帰国しました。

この日の夕方の春秋航空で広島空港へ帰りました。

 

これで2017年11月のフィンランドの旅はおしまいです。

人生初海外旅行でホームシックや時差ぼけにもなりました。

でも、夢だったフィンランドでオーロラも見ることができて幸せな夢のような時間でした。

次はぜひ夏シーズンのフィンランドへ行ってみたいです。

 

フィンランド旅行

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。