フィンランドとアビシニアンとチョコレート

【猫生活おすすめ】匂いがしないBOSのごみ袋!猫・犬のトイレ処理に最適なおすすめのごみ袋

猫を飼っていると必ず必要なのがトイレの片づけです。

猫は体臭が少なめですが、代りにトイレはかなり強烈な臭いがします。

 

特に大のほうはビニール袋などに入れて処分するケースが多いと思うのですが、ビニール袋に入れた後も結構臭いが気になりませんか?

私も今まで、ビニール袋に入れたあとの臭いに悩まされていたのですが、とある商品を使い始めてから匂いが激減!

ほとんど気にならなくなりました。

 

猫だけではなく、犬の散歩にもとっても便利な商品ですのでご紹介します。

うちの猫トイレ環境

まずは、うちの猫トイレ環境のご紹介です。

うちでは、猫のトイレは人間用のトイレに設置しています。

トイレのドアには「キャットドア」が付けてあるので、トイレの扉が閉まっていても猫が出入りできるようになっています。

 

 

トイレの中はこんな感じで、人間用の両脇に1個づつ設置しています。

使っているトイレは「キャットワレ」という商品で、このトイレ自体もかなりの優れものなので、後日ご紹介します。

 

トイレの構造は、吸水シートの上にシリカゲルを置いたもので、おしっこは吸水シートに、大のほうはその都度片づけるというものです。

猫がトイレで大をした後は、ビニール袋に入れてトイレ内においてある専用BOXに一時保管し、ごみを捨てる日にまとめて処分という流れです。

 

 

右側が専用BOXです。

 

専用BOXのが閉まっている時は気にならないのですが、BOXを開け閉めするときに結構臭いが気になります。

これが何とかならないかなと思っていたところ、素晴らしい商品を見つけました。

匂いがしないBOSのごみ袋

猫を飼っている家庭に超おすすめなのが、このBOSのごみ袋です。

最初は怪しいと思っていたのですが、使ってみるとコレが結構すごい。

BOSのごみ袋の特徴は次の3つです。

臭いがしない

大きいほうのの臭いがほとんどしません。

今までは、専用BOXを開けたときに「うっ!」となるくらいの臭いがしていたのですが、これがほぼなくなりました。

最初に使ったときは「凄い!!」と感動するくらい。

 

BOSが臭わない理由は単純で、普通のビニール袋より臭いを通さない素材で作られているからです。

一般的なビニール袋の場合、水は通さないのですがそれよりも粒子が細かい「臭い」は通してしまいます。

なので、ビニール袋に入れたものの臭いがビニール袋を通過して外まで出てきます。

 

BOSは通常のビニール袋より圧倒的に臭いを通しにくい素材でてきているので、大きいほうの臭いがほとんどしません。

菌を通さないので衛生的

自分で確認ができないので公式サイトの売り文句ですが、「BOSは菌も通さないので衛生的。燃やしても有毒ガスを発生しません。国内で製造していますので、安心してご使用ください。」ということです。

使いやすい

BOSの袋には数サイズあるのですが、猫のトイレを片づけるにはSサイズが最適です。

また、青い色がついていて中が見えないこと、袋が薄手なので結びやすいこともプラスです。

 

参考 驚異の防臭素材BOSBOS

まとめ:匂いがしないBOSのごみ袋!猫・犬のトイレ処理に最適なおすすめのごみ袋

「驚異の防臭素材BOS」として販売されているBOSのごみ袋。

最初は怪しいと思ったのですが、実力は本物で大きいほうの臭いについての悩みは無くなりました。

 

うちではこんな感じで置いてます。

 

調べてみると、介護施設などでも利用されていて、人間用にもかなり有効で人気商品みたいです。

サイズも複数あるので、犬の散歩にも便利だと思います。

 

猫の場合はSサイズが大きさ的にバランスが良くて最適です。

通常のビニール袋よりお値段はお高めですが、価格差だけの価値はあるので、ぜひ一度お試しください!

 

ねこ記はこちら

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。