フィンランドとアビシニアンとチョコレート

【ちょこ記】teuscher(トイスチャー) シャンパントリュフ

いろいろな百貨店でバレンタインの催事が始まるシーズンは、チョコ好きの私にとって幸せなシーズンです。

日頃食べられないブランドや、期間限定商品など魅力的なものばかりで、毎年何を買うかとても悩みます。

誰かにプレゼントするというより、自分へのご褒美で買うことが多いですが、本命にもおススメのチョコをご紹介していきます。

スイスのチューリッヒで70年以上の歴史を持つ老舗チョコレート店「トイスチャー」

チューリッヒの工場でひとつひとつ手作りで作られ毎週スイスから届くチョコレート。

一番人気のシャンパントリュフは、添加物や防腐剤を一切使わないフレッシュさも魅力のひとつです。

日本では高島屋でしか取り扱いのない超レアなチョコレートであることを最近知りました。

 

 

高島屋のバレンタイン催事会場「アムール ド ショコラ」に行き、ゲットしてきました!

シャンパンと抹茶のトリュフの詰め合わせはカタログにも掲載されていました。

トイスチャーといえば〔シャンパントリュフ〕!

創業者「アドルフ・トイスチャー」氏によって作り出されたシャンパントリュフには、フランス最高級シャンパン「ドン・ペリニヨン」を練りあげた香り高いチョコレートです。

 

中心はいい香りのシャンパンクリーム、まわりにガナッシュ、更にダークチョコレートのパウダーで表面をコーティングしたシャンパントリュフ。

中からトロけだすクリームはまろやかにドン・ペリニヨンの優雅香りを楽しむことができます。

 

 

定番のオレンジの箱の外に白い花柄の浮き出るサックがついています!

 

 

サックをスライドさせて外すと、定番のオレンジの箱。

開けるのが楽しみなる、華やかな箱です。

 

 

オレンジの箱に可愛らしい形のトリュフが並びます。

今回は抹茶のトリュフのない、定番のシャンパントリュフの詰め合わせを選びました。

 

 

二種類の粒が入っていますが、味は同じです。

最後の仕上げで塗す粉が、ココアパウダーか粉砂糖かの違いのようです。

トイスチャーのトリュフはこのかわいい形もチャームポイントです。

トイスチャーの地元である「チューリッヒ」で行われる豊作を祝う祭りに登場する「スノーマン」がモチーフなんだそうです!

 

 

中心はいい香りのドン・ペリニヨンやバターなどを混ぜたシャンパンクリーム

まわりにチョコレートのガナッシュ、更にチョコレートで包み、パウダーで表面をコーティングされているのがよくわかります。

 

シャンパンクリームも絶品ですが、周りのチョコレートが割れたときに口の中に広がるチョコレートガナッシュが大好きです。

甘味は控えめですが、シャンパンの風味を引き立てる香ばしさがあります。

トイスチャーの〔シャンパントリュフ〕を購入する方法。

2019年現在、日本に店舗はなく、バレンタインのシーズンの百貨店催事などでしか手に入りません。

少し前まで、高島屋日本橋店にあった店舗は現在閉店してしまっています。

バレンタインシーズンは高島屋のオンラインストアでも取り扱いがありますので、お近くに高島屋がない方も購入できます!

 

ぜひ、バレンタインシーズンはトイスチャーのシャンパントリュフを楽しんでみてください。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。