フィンランドとアビシニアンとチョコレート

【2022年4月】春の青森ぶらりの旅その4 レンタサイクルで弘前をぶらり。

2022年4月、青森へ4泊5日の旅へ行ってきました。

昨日の弘前の桜が素敵すぎたので、今日も弘前へ行くことにします!

二日連続の弘前観光です。

 

その3はこちら

【2022年4月】春の青森ぶらりの旅その3 死ぬまでに見たい弘前の桜を大満喫。

JRリゾートしらかみ号に乗って、JR青森駅から弘前駅へ

昨日は鈍行でのんびり行ったのですが、よく調べると別に指定席券を購入すれば、津軽フリーパスでも「JRリゾートしらかみ号」に乗車できることが判明。

さっそくネットで指定席券を購入します。

 

 

ということで、今日はリゾートしらかみ!

 

 

かわいいシートですね。

リゾートしらかみは本数が少ないので、青森駅を出発時はほぼ満席でした。

 

 

こんなグループ席のようなところもあります。

混雑時には相席になるようです。

 

 

鈍行より快適に弘前駅へ到着です。

弘前駅は今日も朝から多く人で賑わっています。

 

 

今日は駅の観光案内所で自転車を借ります。

1日レンタルで、普通自転車500円、電動自転車1,000円。

もちろん電動自転車をレンタルします!

 

9時から貸し出し開始だったのですが、9時前にはすでに観光案内所で待っている人がちらほら。

9時を過ぎると、手続きに行列ができていました。

電動自転車は台数が少ないようなので、お早めに。

 

 

自転車で弘前公園の外堀をサイクリング。

風がかなり強いので、すでに桜が散り始めています。

絶妙なサクサク感!職人が一枚一枚丁寧に焼き上げた絶品手焼きせんべい「小山せんべい店」

弘前のお土産といえば、小山せんべい。

青森物産展などでも大人気のおせんべいです。

 

 

お店で手焼きをしています。

今回はピスタチオとアーモンドを購入。

 

 

接客を担当してくれた方が新人さんだったようで、包むのにかなり時間がかかっていました。

急いでいる訳ではないので、のんびり手焼きをしている様子を見ていたら、焼き立てをいただきました!

ぬくぬくの出来立ては初めてでしたが、ふわっふわな感じでおいしかったです~

 

 

さらに外堀をサイクリングです。

今日は曇りなのであんまり映えませんね・・・

 

弘前市民に愛されている老舗餅店「戸田うちわ餅店」

マツコの知らない世界に登場していた、戸田うちわ餅店。

創業100年以上の小さな昔ながらのお店です。

テレビに出てすぐだったので、大混雑かと思いましたが、5組ほどの行列でした。

 

 

こちらの名物は店名にもある「うちわ餅」です。

お餅は注文してから、たれをしっかり絡めて包んでくれるので、提供まで時間がかかっている感じでした。

駐車場はお店の横に少しありましたが、広くないので注意してくださいね。

 

 

うちわ餅店の近くにある最勝院五重塔へ寄りました。

こちらもしだれ桜がたくさん植えられていて、素敵です。

 

 

近くのベンチで早速先ほど購入したお餅をいただきます。

うちわ餅は甘めの胡麻ダレがたっぷりです。

平べったいお餅を串に刺している形がうちわに見えることから「うちわ餅」と呼ばれているそうです。

つきたてのお餅はふわふわで胡麻の香ばしさもマッチしていて、とってもおいしいです!

 

 

こちらは串餅

黒蜜ベースのタレで、甘めのみたらしのような雰囲気です。

胡麻も黒蜜もどっちもおいしい!!

 

弘前の老舗蕎麦屋「高砂」でランチ

11時の開店前にお店の前を通ってみると、行列はできているけど一回目に入れそうだったので、昨日に引き続き「高砂」でランチです。

この後どんどん人が増え、敷地の外まで行列ができました。

 

 

今日も天ざる大盛です。

やっぱり、こちらのお蕎麦はとっても好みでおいしいです。

今日は風が強く肌寒かったので、温かいそばが良く出ていました。

 

お会計時に、フロアを仕切っていたスタッフの方に「昨日も来ていただきましたよね?」と声をかけられました。

毎日たくさんの方を接客しているのに、プロだなぁと思いました。

 

 

食べ終わったころにはこの行列。

蕎麦は回転が速そうに見えますが、天ぷらの海老は注文を受けてから、調理をするので食べ始めるまでに1時間はかかります。

待ってでも食べたい気持ちはとってもわかります。

 

 

強風でどんどん桜が散っていきます。

 

 

昨日の方が、桜のボリューム感があった気がします。

1日でこんなに変わるんですね~

藤田記念庭園 洋館・大正浪漫喫茶室でアップルパイを堪能

洋館・大正浪漫喫茶室は、藤田記念庭園の敷地内にあるカフェです。

庭園に入園しなくても利用可能です。

 

 

弘前市内のアップルパイを食べることができるので人気がありますが、ランチでの利用も多そうでした!

 

 

入口に名前を記入して、とりあえず待つだけです。

14時ごろに訪店したのですが、すでにたくさんの人が待っています。

人気のテラス席を選ぶことができたのですが、かなりの待ち時間だったので、テラス席になるかは運に任せました。

 

 

1時間ほど待って、やっと呼ばれました~

なんとテラス席!!

テラス席は5席くらいしかなかったので、本当にラッキーです。

 

 

テラス席からは、庭園を楽しむことができます。

季節よってお花が変わるので、他の季節もよさそうですね。

 

 

お目当てのアップルパイ。

イートインは9種類でした。

 

 

ないすらいふ

リンゴがぎっしりですが、あっさり目でパクパク食べられます。

 

 

津軽ゆめりんごファーム

温かいアップルパイです。

パイのカリっと感とリンゴのふわっと感がベストマッチです。

 

他のお店のアップルパイも気になりますね!

 

 

そろそろいい時間になってきたので、外堀を一周して駅に向かいます。

もうすでに花筏が少しできています。

昨日の満開と今日の散り始め。

また違った風景をみることができました。

 

津軽びいどろが気になって、青森駅ピル「ラビナ」のKISUKEというお店を訪店しました。

たくさん素敵な商品の取り扱いがあって、欲しくなりました。

津軽びいどろは一つ一つ手作りなので、同じ商品でも少しずつ違って、本当に素敵です。

 

2日間、しっかりと弘前の桜を満喫することができて大満足です。

その5へつづく。

非公開: 【2022年4月】春の青森ぶらりの旅その5 青森魚菜センターで「元祖 青森のっけ丼」と津軽びいどろ探し 旅行記

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。